放射線科

放射線科は病院の中で重要な役割を果たしています。主に、画像診断と放射線治療に焦点を当てています。画像診断では、X線、CT、MRIなどの高度な技術を使用し、医師に患者の病状を詳細に説明できる画像を提供します。これにより、迅速で正確な診断が可能となり、適切な治療計画を立てるのに役立ちます。

また、放射線治療は癌治療などに使用され、放射線を患部に照射してがん細胞を破壊する役割を果たします。患者に対して放射線治療の適切な計画を策定し、安全かつ効果的な治療を提供します。放射線科は医療チームの一員として、正確な診断と治療のために不可欠な役割を果たしています。

この院で行っている画像診断検査

一般撮影

放射線科の一般撮影は、X線を使用して骨折や肺疾患の診断に役立つ画像を撮影するプロセスです。

乳房撮影

マンモグラフィーは、乳房のX線撮影で、乳がんの早期発見に役立ちます。

CT撮影

CT撮影(16列マルチスライス装置)は、高解像度の断層画像を取得し、内部臓器や組織の診断に用いられます。

超音波撮影

超音波撮影(エコー検査・乳腺エコー)は、音波を使用して身体内部の組織や臓器を詳細に観察し、異常を検出します。

検査までの流れ


CT検査の一般的な流れは以下の通りです。

  1. 予約
    CT検査を受けるために、医療機関や病院に電話で予約を取ります。予約時に、検査の種類、患者情報、アレルギー、過去の病歴などを提供する必要があります。
  2. 準備
    検査前に特別な準備が必要な場合があります。医師や予約係から指示を受け、飲食制限や経口造影剤の摂取などを行います。
  3. 到着
    予約日に医療機関に到着し、受付で登録手続きを済ませます。ここで保険情報や本人確認書類が必要です。
  4. ウェア
    CT検査のために、特別なガウンや防護服を着用することがあります。
  5. 検査室へ移動
    CT検査室に案内され、適切な位置に横たわるか、座るよう指示されます。
  6. 撮影
    CT機械が周囲を回転し、複数のX線スライス画像を取得します。患者は検査中、静かに留まる必要があります。医療スタッフはコントロールルームから検査を監視します。
  7. インジェクション
    造影剤が必要な場合、静脈に注射されることがあります。これにより、臓器や血管がより明瞭に可視化されます。
  8. 終了
    検査が終了すると、CT機から出て、通常の日常活動に戻ります。
  9. 解析と診断
    撮影した画像は放射線技師や医師によって解析され、診断が行われます。診断結果は通常、数日から数週間以内に医師から患者に伝えられます。

CT検査は、疾患や損傷の診断に非常に役立つツールであり、医師が適切な治療計画を策定するのに重要です。

乳がん検診で早期発見に繋げよう

乳がんの早期発見には乳房マンモグラフィーや乳房超音波などの画像診断法が一般的に使用されます。マンモグラフィーは乳房のX線画像を撮影し、超音波は音波を使用して乳房組織を評価します。これらの検査は、以下の理由で早期発見に貢献します。

  1. 早期発見
    マンモグラフィーや超音波は、乳房組織の異常や腫瘤を視覚化し、小さな腫瘤や異常を検出するのに優れています。これにより、がんが早期段階で発見され、治療の成功率が高まります。
  2. スクリーニング
    マンモグラフィーは、乳がんのスクリーニングに使用され、定期的に検査を受けることで早期の異常を発見する機会を提供します。
  3. 無侵襲
    これらの検査は無侵襲であり、患者にほとんど痛みや不快感を伴いません。
  4. 診断の精度
    マンモグラフィーや超音波は高い診断精度を持ち、誤検出率が低いため、信頼性が高いです。
  5. 早期治療
    早期発見により、治療がより効果的に行え、生存率が向上します。

したがって、乳がん検査においては、乳房マンモグラフィーや超音波が主要な選択肢であり、早期発見と治療のために非常に有用です。