看護部

看護部は病院内で中心的な役割を果たし、患者ケアの質と安全性の確保において不可欠です。

まず第一に、看護師は患者と密接に連携し、医師の治療計画を実行し、患者の健康状態をモニタリングします。彼らは患者の病歴を詳細に把握し、薬物管理、傷のケア、病状説明、感染予防、痛み管理など、多岐にわたる看護ケアを提供します。

また、看護部は医療チームの一員として、医師、薬剤師、臨床検査技師、リハビリスタッフなどと協力し、総合的なケアを実現します。

情報共有と連携が円滑に行われることで、患者の診断と治療がスムーズに進み、最適な結果を得るための基盤が築かれます。

さらに、看護師は患者教育にも力を入れています。彼らは患者やその家族に対して、病状や治療に関する情報を分かりやすく伝え、適切な自己ケアの方法を指導します。

患者が病状を理解し、治療計画を実行できるようにサポートし、治療成績の向上に寄与します。看護部の役割は病院内で欠かせないものであり、患者と医療チームの架け橋として、安全かつ質の高い医療を提供する上で不可欠です。

我孫子つくしの病院看護部の理念と目標

看護部の理念

患者中心の安心と信頼の看護ケアを提供し、健康な未来を共に築く。

看護部が掲げる目標

患者の健康と幸福を第一に考え、最高水準の看護ケアを提供すること。

チーム協力と効果的なコミュニケーションを通じて、安全で質の高い医療環境を維持し、患者満足度を向上させること。

継続的な専門的なスキルの向上と教育を通じて、看護師の職業発展を促進し、最良の看護実践を実現すること。

看護師・ヘルパーの協力によって病院は成り立っています

看護師とヘルパーの協力は、医療施設における効果的な患者ケアの提供において不可欠です。看護師は高度な臨床スキルを持ち、医師の指示のもとで患者の医療ニーズを管理しますが、同時に多忙であり、日常的なケアの実行においてもヘルパーの支援が欠かせません。

ヘルパーは基本的な介護業務や身の回りの世話を提供し、患者の快適さと安全を確保します。これにより、看護師はより高度なタスクに専念でき、患者の臨床ケアにより多くの時間を割くことが可能になります。ヘルパーの存在は、看護師の業務負荷を軽減し、看護師の専門的なスキルを最大限に活用するのに役立ちます。

また、看護師とヘルパーの連携は、患者ケアの質を向上させます。チームとして協力することで、患者の健康状態のモニタリング、診療計画の実行、感染症予防、患者教育などがより効果的に行われ、患者の安全と満足度が向上します。

緊密な連携とコミュニケーションを通じて、看護師とヘルパーは患者のケアにおいてシームレスな連携を実現し、共同で最高水準のケアを提供する役割を果たしています。