入院リハビリテーション

入院リハビリテーション

入院時のリハビリテーションは、患者の回復と健康維持において非常に重要です。なぜなら、疾患や手術などの健康問題により、患者の身体的な能力や機能が制限されることがあるからです。リハビリテーションは、これらの制限を克服し、日常生活への復帰を支援します。患者が運動能力を回復し、筋力を増強することで、病気や外傷に対する免疫力も向上します。また、リハビリテーションは合併症の予防や、病気の再発を防ぐ役割も果たします。入院中にリハビリテーションを受けることで、患者の健康状態が向上し、早期退院や在宅生活の促進にもつながります。

また、院内にリハビリテーション施設があることは、患者にとって大きなメリットがあります。まず、医療専門職の指導と監督のもと、適切なリハビリテーションプログラムが提供されます。リハビリテーション施設では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門家が患者の個別ニーズに合わせたカスタマイズされたプランを策定し、実施します。また、院内にリハビリテーション施設があることで、治療チームとの連携がスムーズに行え、継続的なモニタリングと評価が可能です。これにより、患者の進捗状況に合わせてリハビリテーションプランを調整し、最適な結果を得ることができます。院内リハビリテーション施設は、入院患者の早期回復と生活の質の向上に寄与し、安心して治療を受けることができる環境を提供します。

リハビリテーション施設にいるスタッフ


リハビリテーション施設には、様々な専門スタッフが在籍しており、その中には以下のような25名のスタッフが含まれます。以下は、一般的なリハビリテーション施設のスタッフの分類です。

  1. 理学療法士(PT): 運動療法や体力強化の専門家。筋力と運動機能の改善をサポート。
  2. 作業療法士(OT): 日常生活動作(ADL)の向上を支援し、患者の独立性を回復。
  3. 言語聴覚士(SLP): 言語、声、嚥下障害の評価と治療を担当。
  4. リハビリテーション看護師: リハビリテーションプログラムの管理と患者の健康監視。
  5. 臨床心理士: 心理的なサポートを提供し、回復心理の向上をサポート。
  6. 社会福祉士: 社会的なサービスへのアクセスや生活支援に関するアドバイス。
  7. リハビリ助手: 理学療法士や作業療法士の指示のもとで患者をサポート。
  8. 運動生理学者: 運動の生理学的な側面に詳しい専門家。
  9. リハビリテーション技師: リハビリテーション機器の設定と保守。
  10. 音楽療法士: 音楽を用いた心身の回復を支援。
  11. リクリエーションセラピスト: レクリエーションプログラムを通じて患者の社会的な統合を促進。
  12. カウンセラー: 心の健康に関するカウンセリングとサポート。
  13. 運動トレーナー: 運動指導と身体機能の向上をサポート。
  14. 足病学者(ポドロジスト): 足や下肢の問題に対処。
  15. 総合診療医: 医学的な評価と診断を提供。
  16. 耳鼻咽喉科医: 聴覚や呼吸に関する専門知識を提供。

理学療法


理学療法(Physical Therapy、PT)は、身体の運動機能や機械的な問題に対処し、疾患や障害による身体的な制約を軽減し、患者の生活の質を向上させるための医療専門職です。理学療法士(Physical Therapist)は、解剖学、生理学、運動学、神経学などの知識を駆使し、患者の個別のニーズに合わせた治療プランを策定します。

理学療法の主な目的は、疼痛(痛み)の軽減、筋力の回復と強化、関節の可動域の改善、姿勢の調整、バランスと協調性の向上、日常生活動作(ADL)の改善、運動技能の獲得、スポーツ障害の回復、リハビリテーション、および予防ケアです。

理学療法士は患者に寄り添い、詳細な評価と診断を行います。その後、個別の治療プランを立案し、エクササイズ、ストレッチ、体操、マニュアルセラピー(手技療法)、電気刺激、温熱療法、冷却療法、装具の使用など、さまざまな手法を用いて患者の状態を改善し、痛みを軽減します。

理学療法は急性または慢性の疾患、スポーツ障害、外傷、手術後のリハビリ、神経学的障害、老化に伴う身体の変化など、幅広い状況で効果的です。患者の機能と生活の質を向上させるのに不可欠な医療分野であり、総合的な健康管理に欠かせないものです。

作業療法


作業療法は、身体的・精神的な障害や疾患により、日常生活での活動や仕事、趣味などの「作業」に困難を抱える患者のための療法です。作業療法士は、患者の日常生活スキルの評価と向上を支援し、自立した生活を取り戻すのに専門的に従事します。具体的には、身の回りのケア、自己介助、コミュニケーションスキル、職場への復帰、趣味やスポーツの再開など、個々の患者の目標に合わせたリハビリテーションプログラムを設計し、指導します。

作業療法士は、さまざまな年齢層の患者に対応し、神経系の障害、筋骨格系の問題、精神的な課題などに取り組みます。作業療法は、生活の質を向上させ、自己決定能力を育むために不可欠な要素であり、リハビリテーションにおいて重要な役割を果たします。

言語療法


言語療法は、言語、コミュニケーション、音声、嚥下(飲み込み)に関連する障害や困難に対処する医療専門職の分野です。言語療法士は、言語理解や表現、コミュニケーション能力、音声発声、嚥下機能に問題を抱える患者に対し、評価と治療を行います。具体的な役割としては、発話やコミュニケーションの問題を詳細に評価し、個別の治療プランを策定します。患者には発話練習やコミュニケーション技巧の訓練を提供し、音声の改善やコミュニケーションスキルの向上をサポートします。

また、言語療法士は嚥下障害に対処する役割も担います。嚥下機能の評価を行い、安全な食事摂取を支援し、リハビリテーションを提供して嚥下の改善を図ります。言語療法士は幅広い患者に対応し、幼児から高齢者まで、言語やコミュニケーションの困難に直面する人々の生活の質を向上させる役割を果たします。

摂食・嚥下

摂食・嚥下のリハビリテーションは、嚥下に関連する問題や食事摂取に支障をきたす障害を持つ患者に対するリハビリテーションプログラムです。このリハビリテーションの主な役割は、以下の2つです。

まず第一に、安全な嚥下機能を回復または維持することが挙げられます。摂食や嚥下に障害がある患者は、誤嚥(食物や液体が気管に入ること)のリスクが高まり、肺炎や栄養不良などの合併症が生じる可能性があります。リハビリテーションは、嚥下の安全性を確保するために、筋力トレーニングや特殊な食事法の指導などを通じて患者の嚥下機能を改善し、食事摂取を安全にすることを目指します。

第二に、リハビリテーションは患者の食事の質と生活の質を向上させる役割を果たします。摂食や嚥下に問題があると、食事が楽しい体験からストレスや不安の原因になり、社会的な交流や心の健康に悪影響を及ぼすことがあります。リハビリテーションは、患者が自信を取り戻し、正常な食事を楽しむためのスキルを向上させ、生活の質を向上させる手助けを行います。このように、摂食・嚥下のリハビリテーションは、患者の身体的な健康だけでなく、精神的な健康と生活の満足度にも大きな影響を与えます。

リハビリテーション施設について

リハビリテーション施設の基準は、患者の安全と適切なリハビリテーションの提供を確保するために非常に重要です。一般的な基準には以下の要素が含まれます。

まず第一に、リハビリテーション施設はライセンスや認定を受ける必要があります。国や地域によって異なりますが、特定の基準を満たす必要があり、これには建物の構造や安全性、スタッフの資格とトレーニング、機材の保守と点検、感染症対策などが含まれます。

次に、機材の選定についてです。リハビリテーション機材は、患者の状態やリハビリテーションの目的に応じて選ばれます。例えば、理学療法士や作業療法士が特定の筋力トレーニングや運動療法に使用する機材、言語聴覚士が言語療法に使用する教材などがあります。これらの機材は、患者の評価とゴールに合わせて選ばれ、正しく使用されるべきです。

機材の選定においては、安全性、効果、および患者の利便性が考慮されます。また、新たな技術や療法の導入に際しては、最新のエビデンスに基づいて選択されることが重要です。リハビリテーション施設は、患者にとって最適な治療とリハビリテーションを提供するために、これらの基準と機材の選定を遵守し、常に最高水準のケアを提供することを目指します。

退院後のサポートについて

退院後のリハビリテーションは、患者の健康回復と生活の質の向上に向けて非常に重要です。訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションは、この重要な役割を果たします。

第一に、訪問リハビリテーションは患者が自宅でリハビリを受けられる便益を提供します。患者の生活環境でのリハビリは、日常生活に即したスキルや筋力の向上につながります。専門のリハビリテーション専門家が患者の自宅を訪れ、カスタマイズされたリハビリプログラムを提供します。

一方、通所リハビリテーションはリハビリ施設を訪れるプログラムで、医療スタッフが患者の進捗をモニタリングし、効果的なリハビリを提供します。他の患者との交流も可能で、モチベーション向上に寄与します。

退院後のリハビリテーションは、入院中に獲得した成果を維持し、日常生活への復帰をサポートします。患者に適切なリハビリテーションオプションを提供し、持続的なケアとサポートを通じて、最良の結果を実現します。

問い合わせ先

連絡先04-7184-2211
受付時間8:30〜16:30
定休日日曜・祝日
※現在は閉院しています。